基礎知識

薬を飲むタイミング

薬の飲み方で大事なのはまず使用法をよく読む事です。
薬は飲んで体内に吸収されていく際に、
その効果が最適に表れるよう計算して作られています。

例えはカプセルに入れられた薬は、
胃で溶けるように、腸まで届いてから溶けるようになど、
消化や吸収を考え、カプセルの素材や厚みを計算してあります。
血液の中に取り込まれた薬の成分の濃度が変わってしまうと
薬の効果が表れにくくなってしまったり、
効きすぎて副作用が表れてしまう可能性もあります。


時間や飲み方は、用法・用量を正しく守る事が大切です。

「食間」に服用。と説明された薬に戸惑ったことありませんか?
これは、食事と一緒に服用すると言う意味ではありません。
誰もが一度は疑問を感じたことがあると思いますので
薬を飲むタイミングについてまとめてみました。


◎「食前」◎・・・食事のおよそ30分前
胃が空っぽの状態なので食べ物や胃酸の影響を避けたい薬に使われます。
一般的に早く吸収されるので効果も早いのですが、
薬の刺激で胃が荒れやすくなります。


◎「食間」または「空腹時食間」◎・・・食事のおよそ2~3時間後
食間とは『食事と食事の間の時間』と言う意味です。
2~3時間後は食事の消化・吸収が終わっているので、
胃酸が少なく吸収もされやすい状態になっています。
漢方薬の多くは「食間」に飲むため、飲み忘れに気を付けたいですね。


◎「食後」◎・・・食事のおよそ30分後
消化が進み、胃の中の食事が少なくなってくる状態で飲む薬に使われます。
胃をあらしにくく、食後血行が良くなっているおかげで
薬の効果が体に行き渡りやすくなっています。



鎮痛剤、解熱剤は5~6時間あけて飲むようにしましょう。


水を飲む画像


薬を飲む時には水かぬるま湯で飲みましょう。
・牛乳で薬を飲むのはやめましょう。
牛乳には胃酸を中和させる効果があり、カルシウムも豊富に含まれています。
薬によっては、効き目が薄くなったり、
副作用を引き起こす原因になってしまいます。
ジュースやカフェインの多いコーヒーも 、
薬に含まれている成分によって 効き目を変えたり、
カフェインの影響で頭痛や不眠を招く恐れがあります。