任意整理で借金減額

借金でお困りの方は債務整理をするという事を検討された方が多いと思います。
債務整理の中で最も敷居が低いものが任意整理です。
任意整理とはどういうものかというと、、、

任意整理:公的機関(裁判所など)を使わず、債権者と話し合いをすることで借金の減額、利息のカットなどの返済方法を考えて、和解を勧める手続き。 任意であるため債権者には、話し合いに応じる義務は無い。 整理の後に残った債務は通常3年間で分割して支払うことになるので、 将来的にそれなりの収入が見込めることが必要最低条件。

ようするに、債務者が債権者に、
「借金は返します。返しますが支払いが苦しいので利息を無くしてください。よろしければ若干の借金減額もお願いしたいのですが・・・」
という話ですね。これが任意整理です。

一見すると債務者だけにメリット(金利分は返済しなくても良いため、毎月の返済額を減らすことが出来ることが多く、結果毎月の返済が楽になる。また、この時に実は今まで多くの金利を払い過ぎていて、実は借金は返済していた・・・といった場合は「過払い金」が返ってくるケースもあります。)があり債権者には全くメリットが無いように思えますが、そうではありません。

債権者からすれば、任意整理で元本を回収できる可能性があります。債務者が自己破産すれば、回収不可になりますので、任意整理でできるだけ元本を回収するというのは悪い話ではありません。

また任意整理の場合、自己破産とは異なり、資格制限といったものもありません。
資格制限とは、職務上において必要な資格のことを指します。

職務において、資格制限をうけるとその仕事はできなくなります。
例えば、保険の外交員も資格制限を受けると働けなくなります。

任意整理ですが、プロに依頼することが確かな方法でしょう。
弁護士や司法書士に依頼すると大半の金融業者が話に応じてくれますので、借金でお困りの方はご検討ください。